年会費がお得なクレジットカード

クレジットカードあれこれ

プロフィール

クレジット君

1965年生まれの男性です。

現在4枚のクレジットカードをそれなりに快適に使いこなしています。

現代人にとってクレジットカードは、快適な生活を送るために無くてはならない存在となりつつあります。

そんなクレジットカードは、賢く使うことにより、充実した生活を送るための助けとなるかと思えば、間違った使い方をすると悲惨なことにもなりまねません。

このブログが、皆さんのカード使いこなしのためのお役に立つことが出来れば幸いです。

Sponsored Link

年会費がお得なクレジットカード

クレジットカードの中には年会費がお得なタイプがあります。 年会費がまったくかからないクレジットカードや、 初年度の年会費が無料となるクレジットカードなど、同じ年会費がお得でも色々なパターンがあります。


数年前までは、クレジットカードの年会費というのは支払うのが当たり前だったのですが、 現在一般的なものでは、年会費を取っている方が少なくなり、年会費無料というクレジットカードが増えているように思います。 今では「クレジットカードの賢い利用」という考え方が拡がっていますので、年会費無料というのが当然になりつつあります。


ただ、さすがに永年無料とまではいかず、例えばJCBの普通のクレジットカード等、 大手のクレジットカード会社のクレジットカードの多くは、 「初年度だけ年会費が無料」という条件付きであるものがほとんどです。 つまり、翌年からは年会費の支払いが必要になるということです。 年会費は1312円というのが一般的ですが、でもどうせなら初年度のみ無料というのではなく、 永年無料を選ぶ方がより賢いと思います。 有名どころでは、ニコスカードやライフカード等のクレジットカードは、年会費は永年無料となります。 しかもニコスのビアソカードというクレジットカードには、オートキャッシュバックというサービスがあり人気を集めています。


とは言っても、初年度の年会費無料のタイプが不利なのかと言うと一概にはそうとも言い切れず、 そちらの方が付帯保険のサービスや他のサービスが結構充実しているものもあったりして、 人によってはそちらの方が良いということもあり得ます。 結局、それぞれの考え方や用途次第ということになりますが、保険がしっかりとサポートされているようなら、 そちらを選ぶのもありですから、色々なクレジットカードのサービス内容を確認しながら、 個人のニーズに合わせて選ぶようにすれば良いと思います。

特に気をつけたいのは、年会費永年無料を謳っているクレジットカードの中には、 年間の利用額によって、無料となるか、有料となるかが変わってくるというケースもあることです。 もし、それほどクレジットカードを使わないということでしたら、そのあたりを入会の際の規約で確認して選ぶように した方が良いかもしれません。

あなたにとって無駄でしかない費用は削ってしまいながらクレジットカードを選択する ことが、「一番賢いクレジットカードの利用法」であると思います。


【外部リンク】 自己破産と融資の関係
Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。