クレジットカードと公共料金

クレジットカードあれこれ

プロフィール

クレジット君

1965年生まれの男性です。

現在4枚のクレジットカードをそれなりに快適に使いこなしています。

現代人にとってクレジットカードは、快適な生活を送るために無くてはならない存在となりつつあります。

そんなクレジットカードは、賢く使うことにより、充実した生活を送るための助けとなるかと思えば、間違った使い方をすると悲惨なことにもなりまねません。

このブログが、皆さんのカード使いこなしのためのお役に立つことが出来れば幸いです。

Sponsored Link

クレジットカードと公共料金

クレジットカードで公共料金を支払うことは常識となりつつあります。
電気代、ガス代、水道料金、新聞代といった生活をするうえでは必ず必要となるお金は、 現金でなくクレジットカードを利用した方が断然にお得だといえます。


常識になりつつあるとは言え、口座引き落としで支払っている人も依然多いと思います。 勿論、集金や振込みとかに比べると便利な支払い方法ではありますが、他のメリットは 何もありませんね。
クレジットカードでの支払いには、利用しなければ勿体無いくらいのメリットがあります。 クレジットカードで公共料金を支払うのは、クレジットカードで買い物をすることと同じ ことになるからです。 ショッピングや飲食にクレジットカードを利用することで、ポイントが貯まることは どなたでもご存知でしょうが、別にポイントを貯めるためだけに必要のないショッピングを することはありませんね。人によってはクレジットカードを全く利用しない月も あったりします。
しかし公共料金は普通毎月必要となる支払いですから、クレジットカードを利用することで、 毎月ポイントが貯まるということにもなります。
クレジットカードの種類によっては、毎月クレジットカードを利用することにより、 ポイントが大きく加算されるカードもあります。この場合には特にショッピングに利用 することがない月があったとしても、こういったポイント・サービスをもれなく受けることが 出来るようになるわけでもあります。


ポイントがたくさん貯まれば、当然割引やキャッシュバックの額も大きくなります。 何のメリットもない銀行口座引き落としと比べてみてください。断然にお得なことが わかると思います。
家族の数も増えれば増えるほど、公共料金も高くなりがちです。同じ高いお金を払うのであれば クレジットカードで支払った方がお得ですよね。支払額が高くなれば高くなるほど、 貯まるポイントも大きくなるのです。どこの家庭でも冬場に貰えるポイントは特に大きくなるのでは ないでしょうか。
私の場合も公共料金をクレジットカードで支払うようになってからは、ポイント交換時期が 楽しみで仕方がありません。ホントに大きいですよ、この違いは。


公共料金の支払いのためにクレジットカードを作るのであれば、ポイントの還元率の高いもの、 或いは上記のような毎月カードを使うことによってポイントが大きく加算されるタイプのものが 良いと思います。例えばマイカル系のカードでは年間12ヶ月の内、10ヶ月カードを利用した月が あればポイントが大きく加算されるようです。
それから出きれば、貯まったポイントを還元する際にキャッシュバックがあるのか、 商品券やQUOカード等、お金の代わりになる、或いはお金に関わる還元があるのかどうかを 確認しておくべきでしょう。
欲しくない物と交換されても意味がないですからね。



【リンク】
大人の趣味 一眼レフデジタルカメラのススメ
Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。