クレジットカード契約の流れ

クレジットカードあれこれ

プロフィール

クレジット君

1965年生まれの男性です。

現在4枚のクレジットカードをそれなりに快適に使いこなしています。

現代人にとってクレジットカードは、快適な生活を送るために無くてはならない存在となりつつあります。

そんなクレジットカードは、賢く使うことにより、充実した生活を送るための助けとなるかと思えば、間違った使い方をすると悲惨なことにもなりまねません。

このブログが、皆さんのカード使いこなしのためのお役に立つことが出来れば幸いです。

Sponsored Link

クレジットカード契約の流れ

現在ではクレジットカードを持っている人は大変多いですが、残念ながら誰でも彼でも クレジットカードを作れるわけではありません。 信販会社側が定める様々な条件をクリアしていなければ、信販会社はクレジットカードを 発行することはありません。
クレジットカード会社が定める条件や審査方法には、各々の会社により異なります。 また利用限度額にも個人の収入等による違いがでてきます。利用限度額については、 クレジットカードの種類による違いもありますし、利用者の利用状況、信用状況により 増減されることもあります。 因みに現在の利用限度額は、通常毎月発行される利用明細書に記入されています。


クレジットカードを契約する際の流れを説明します。
先ずは作るクレジットカードを選びます。 申し込みにはインターネット経由、店頭契約の手段があります。 インターネット経由の場合は画面上で必要事項を入力します。 店頭申し込みでは申込書に必要事項を記入します。 その後クレジットカード会社で審査が行われます。 クレジットカードの場合は即日契約はありませんので数日待つことになります。
数日後クレジットカードの申し込みの意思確認のための電話連絡が通常自宅にかかってきます。 この時に本人の意思確認ができた時点で、発行されることが告げられると思います。 勿論この時に断られることもあります。


クレジットカード発行が決まった場合には、契約書や本人確認書など一式を郵送します。 店頭申し込みの場合に、既に契約書、本人確認書を提出していればここは省略されます。 これでクレジットカードの申し込みは完了です。
提出書類に不備がなければ、数日後にはクレジットカードが手元に届けられることになります。 通常この受け取りは本人限定であるか、配達記録郵便となりますので知っておくと良いでしょう。


これがクレジットカードの契約の主な流れになっています。
クレジットカードを申し込むにはインターネットを利用する方が早くて便利だとも言われますが、 キャンペーン等、店頭申し込みの方がお得となる場合もあります。 その辺りも調べておくと良いでしょう。


Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。