クレジットカードの審査

クレジットカードあれこれ

プロフィール

クレジット君

1965年生まれの男性です。

現在4枚のクレジットカードをそれなりに快適に使いこなしています。

現代人にとってクレジットカードは、快適な生活を送るために無くてはならない存在となりつつあります。

そんなクレジットカードは、賢く使うことにより、充実した生活を送るための助けとなるかと思えば、間違った使い方をすると悲惨なことにもなりまねません。

このブログが、皆さんのカード使いこなしのためのお役に立つことが出来れば幸いです。

Sponsored Link

クレジットカードの審査

クレジットカードを作るということは、いつでも借金をする機会を得るということに 等しいことですので、クレジットカードを作る時には、その人に返済能力があるのか どうかをカード会社に審査されることになります。
この審査は名前、生年月日、住所、電話番号、仕事先の情報などをもとに行われます。
審査のポイントとしては、年齢や職業、借金暦などが調査されることになります。


クレジットカードの審査と、キャッシングやローンの審査は同じものだと思っている 人も多いかもしれませんが、クレジットカードとその他のローンとでは若干の違いが あるようです。
どういったところが違うかというと、クレジットカードの場合には特に職業や勤務先 を重要視しているところにあります。
評価が高い職種としては、弁護士や医者、公務員、大企業の社員あたりが挙げられます。
高収入ではあっても、離職率が高いとされる企業や、自営業の場合は評価が低いと されています。勿論、主婦や学生の評価はかなり低くなっているようです。
つまり安定した仕事と収入のある人でなければ、基本、クレジットカードは作れない ということになります。


クレジットカードを作る時に、申請書に居住年数を書く事になりますが、この居住年数 も重要視されています。居住年数が長い方が評価が高いということになります。 引越しの多い人は追跡がしにくいということが理由のようです。クレジットカードで 使ったお金の返済がされない時に、督促をするのが困難になりますからね。
こういった事から、賃貸住居よりも持家の人の方が評価が高いということになります。
同居人の構成もクレジットカードの審査ではチェックされますが、一人暮らしよりも 家族と住んでいる人の方が高い評価を貰えます。
固定電話が有るか無いかも重要なポイントです。携帯電話だけでもカードを作る事は 可能なのですが、固定電話が無ければ審査に落ちる可能性が高くなります。
このように他のローンよりもクレジットカードの方が審査は厳しくなっています。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。