通販サイトからの個人情報流出

クレジットカードあれこれ

プロフィール

クレジット君

1965年生まれの男性です。

現在4枚のクレジットカードをそれなりに快適に使いこなしています。

現代人にとってクレジットカードは、快適な生活を送るために無くてはならない存在となりつつあります。

そんなクレジットカードは、賢く使うことにより、充実した生活を送るための助けとなるかと思えば、間違った使い方をすると悲惨なことにもなりまねません。

このブログが、皆さんのカード使いこなしのためのお役に立つことが出来れば幸いです。

Sponsored Link

通販サイトからの個人情報流出

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090905-00000051-yom-soci

 三菱商事の子会社「デジタルダイレクト」(東京)が運営するインターネット通販「サクワ ネットショッピング」「ファン スタイル ショッピング」の両サイトから、商品購入客らのクレジットカード番号など個人情報が流出していたことが4日、わかった。

 同社はクレジットカード番号5万2000件、メールアドレス2万9000件の流出を確認しており、同日、会員や商品購入客にメールで報告を始めた。

 同社によると、6月下旬、提携するカード会社から「カードが勝手に使われたと訴えている会員が複数いる」との指摘を受けた。

 外部に依頼して調査したところ、会員情報を管理するサーバーが不正アクセスを受けていた可能性が強まり、先月20日に両サイトを一時閉鎖、経済産業省や日本通信販売協会に報告した。

 その後の調査で、昨年7月以降、同じサーバーが中国や韓国などの計49か所からサイバー攻撃を受けていたことが判明した。
(以上ヤフー・ニュースより)


ネットの通販サイトは大変便利なので私もよく利用します。
便利な反面、個人情報の流出というリスクがあるのも事実です。
勿論各サイトで対策はとられていますから一応安全だと考えていますし、今後も利用し続けるつもりです。

とは言え、このようなニュース記事を読むと、怖いなという不安が出てくるのも否定できません。

特に今回はクレジットカード番号も流出しているとのこと。 これは本当に怖いです。

ネット上の通販サイトでは、クレジットカード番号、カード名義、カードの有効期限を入力することになります。
通販サイトがこの入力情報をどういうかたちで管理しているのか詳細は知りませんが、これらの情報がまとめて流出してしまっていると、これは大変な事です。
実際にクレジットカードが勝手に使われているという報告があるようなので、やはり全てが流出しているという事なのでしょうか。

実を言うと、私も一度だけ似たような被害を受けたことがあります。
手口は多分違うとは思いますが、クレジットカード会社から目を付けられているサイトで私のカード情報で決済されていて、カード会社から確認の連絡を受けることで不正使用が発覚しました。
勿論直ぐにカードを停止、再発行、被害額については保険で処理してくれましたので事無きを得ました。
私のこの経験については、クレジットカード会社が警戒しているサイトによるものだったので直ぐに不正が発覚したわけですが、流出情報が必ずしもそのようなサイトで使用されるとは限りません。
やはり信販会社から送られてくる明細には必ず目を通し、心当たりの無い請求があった場合には、直ぐに信販会社へ問い合わせるようにして下さい。

Sponsored Link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。